読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kotoba:stocks

ことばのおしいれ

まえおき

昔ブログをしていた。

 

けれど、あまり長続きしなくて、最後は更新することに追われるような感じになっていたと思う。

 

少しノッてくると体系化、シリーズ化したくなる性分だから、仕方ないのかもしれないけど、同時に、なにか課されると気分が幻滅する。わがままも貫くと自社競合するのだ。

 

ので、高校の受験の前後にブログをやめてしまった。それからはブログのかわりにtwitterにのめり込む日々で、結局ブログの廃業は受験にたいして影響はなかった。

 

じぶんは20歳を過ぎた。

 

最近140字で収まらないようなことが増えてきた。Twitterは、なにか思ったこと、感じた事、考えたことの記録には適さないなということに思い至った。

 

そんなことを感じながら、はじめるきっかけがないままだったが、2つのきっかけが訪れた。

 

ひとつは、インターンシップで一緒だった子のブログが面白かったこと。

対抗心に着火こそしなかったものの、じっさいに運用されているブログを前にし、なんとなくやる気が出たのは事実である。

 

もうひとつは、映画を見たこと。

「心が叫びたがってるんだ」という映画を見た。この感想も後々文字に起こしていきたいけれども、その作中で「ことば」が重要なテーマとして現れる。「伝えること」「伝えたいけど伝えられない(「伝わらない」ではないのが個人的には注目したいが今回は触れない)」という主題に触れ、なにかを伝えようとするブログという試みに一気に火がついた。

 

というわけで、わたしはここで文字を植えているのである。

 

わたしのあたまの中を、形にする取り組みに、どうぞお付き合いください。